hairsalonlabo

美容室や美容師に対して、そして髪や頭皮のお悩みに対しての解決・情報サイトです。どのサイトよりも詳しく・分かりやすく・正確な・最新情報をお届けします!

活性酸素を取り除いて老化を防止!美容室でもできる抗酸化作用の方法!

皆さんは活性酸素というワードを聞いた事がありますか?聞いたことがあるという方でも、あまり良くないイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか?でも活性酸素は、実は生きていく上で必要な場面があります。でも皆さんのイメージ通り、悪い部分もあります。そして、その活性酸素を取り除く方法(作用)を抗酸化作用と言います。こちらも耳にしたことはある方も多いのではないでしょうか?今回の記事では、その活性酸素と抗酸化作用について美容師の目線でお伝えしていきます。あくまでも化学者ではなく美容師ですので、分かりやすさを最優先にします。イメージ優先でお伝えしますので、より深く、物理化学的に知りたい方は別途違う記事をお調べください。

ブリーチとは?ヘアカラーとの違いを詳しくご説明します!

髪を染めたことがある方も、1度も染めたことがないという方も、ブリーチというカラー剤があるということは知っている方が多いと思います。そしてそのブリーチのイメージは、金髪・傷むというのがほとんどのはずです。では逆に、ブリーチではないカラー剤は金髪にならないのでしょうか?そして、傷まないのでしょうか?今回の記事ではブリーチとヘアカラーの違いやブリーチとは何なのか?ということについて解説していきます。

カラーリストって知ってますか?スタイリストとは違う美容師です!

突然ですが、皆さんが美容室に行ったとき、その日担当の美容師にポジションや肩書きはありましたか?例えば店長やチーフという肩書き以外に、多くの美容室では担当できる施術内容に合わせてスタイリストやアシスタントと呼ばれるポジションの名前がついていることが多いと思います。その中で、カラーリストと呼ばれる美容師に担当してもらったことはありますか?その名前で何となくイメージはできるようで、実際スタイリストとカラーリストの区別を付けるとなるとどういった違いがあるか?意外と分からないのではないでしょうか?今回の記事でスタイリストとカラーリストの違いについてご説明していきます。

最新トレンドヘアカラー!シースルーライツを知っていますか?

いつもヘアカラーを楽しんでいる方は、やっぱり「人と同じはイヤだ!」とか「最新のトレンドカラーにしたい!」という方も多いと思います。そんな方に今イチオシのヘアカラーデザインがシースルーライツです!もしかしたら名前くらいは聞いたことがあるという方もいるかもしれません。シースルーライツってなに?シースルーライツってどんなデザイン?そんな疑問にお答えしつつ、今回の記事でシースルーライツを解説していきます。

美容室でトリートメントはやったほうが良い?噂の真相お伝えします!

美容室には様々なメニューがあります。主にカット・セット・カラー・パーマなど。その他に、ネイルやヘッドスパ、着付けなどのメニューがある美容室も多いです。そのメニューの中に今回の主題であるトリートメントがあります。今web上でも、美容室でのトリートメントは絶対やった方が良い!という意見と、逆に絶対やってはいけない!という意見と両極端に分かれています。その真相はどうなのでしょうか?今回の記事では、僕なりの美容室でのトリートメントに対する意見をお伝えします。

夏に頭皮ケアをしたほうが良い3つの理由と頭皮ケアの方法!

暑い夏の日。暑いのはイヤだけど、冬場に比べて肌の乾燥は感じないし、頭皮が突っ張る感じもしないという方が多いと思います。日焼け対策はするけど、それ以外はお肌のケアを放っておきがちですよね。まして頭皮は気が回りにくい部分だと思います。しかし!夏場に頭皮をケアしておかないと、頭皮環境にはとても良くありません。つまり、頭皮のトラブルがおこる可能性があるということです。いったいどういうことか?今回の記事を読んでみてください!

髪のボリュームダウンが気になる方必見!原因と対策&対処方法!

長年美容師をしていると、お客様からよく聞くお悩みの1つとして「年齢と共に髪のボリュームがなくなってきた…」というものがあります。僕自身まだ30代半ばですが、やはり20歳前後の時に比べてやや髪が柔らかくなったと感じています。そこから少しケアをするようになって、今はハリが戻りました。そこで今回はの記事では、髪のボリュームダウンの原因と対策についてです。

海へ行くとヘアカラーが退色するのはなぜ?3つの原因と対策

この時期、梅雨明けとともに本格的に海へ行く方が増えます。かくいう僕も海が好きなので、夏場は行ける限り海へ行きます。ただ、そこで難しいのがヘアカラーを初めとしたヘアケアです。海へ行くと、「その日のうちにヘアカラーが退色した!」という方は多いのではないでしょうか?今回の記事ではその原因と対策について触れていきます。